カツウラの誕生

自力で美肌に

肌のしくみ

肌トラブル

  • 限定トライアルセット
  • キャンペーン情報
  • 素肌美
  • 美・カフェ
  • セミナー情報
  • ご注文方法
  • お問い合わせ
  • カツウラfacebook

トラブルは角質肥厚から

常に角質層に20〜25%の水分が含まれている状態が、理想的な肌です。角質層に水分を与えているのは汗です。角質層が厚くなると、厚みが増した分、水分不足になります。しかも汗の出口が目づまりを起こし、十分に水分を与えることができなくなります。この状態が続くとNMFや細胞間脂質が減り、慢性的な乾燥肌になります。

毛穴から出た皮脂は、すばやく皮膚表面へ広がりうるおいを守る皮脂膜になります。角質層が厚くなると毛穴が目づまりして出口が狭くなり、皮脂は毛穴に溜まり濃くなります。そのため皮脂膜ができなくなり、水分不足からアブラ照りが目立つようになります。この状態が続くと、毛穴の中で皮脂が固まり、角栓(コメド)ができ、ニキビが進行します。

紫外線にあたると、基底層にあるメラノサイト細胞で、シミの色素のメラニンがつくられます。メラニンは基底細胞に取りこまれ、ターンオーバーによって角質片と共に取れていきます。角質層が厚くなるとターンオーバーが遅くなり、メラニンが表皮内に蓄積してシミや色黒が起こってきます。また、こすったり叩いたりする刺激でもシミは濃くなります。